2018年 7月 19日 (木)

トヨタ、北米で2000人を希望退職

印刷

   トヨタ自動車は、米国の従業員の1割に相当する約2000人の希望退職を募集する。2012年12月1日、日本経済新聞電子版などが報じた。トヨタとしては米国で過去最大規模の希望退職となる見込み。従業員の入れ替えで世代交代を促し、人件費を抑えるのが狙い。

   対象は勤続22年以上の製造部門の従業員で、1988年に生産を開始したケンタッキー工場の従業員が大半になる。勤続25年前後で退職すると、会社で加入する保険など福利厚生制度のメリットが大きいことを考慮した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中