49本のトンネル緊急点検指示 関越、山手など

印刷

   国土交通省は2012年12月3日、高速道路会社と各地方整備局などに対し、全国49本のつり天井板を使ったトンネルを緊急点検するよう指示した。緊急点検では天井板に実際に上がり、目視と打音、触診を行う。

   対象となるトンネルはネクスコ東日本の関越トンネル、東京湾アクアトンネル、首都高速道路の山手トンネル、阪神高速道路の新神戸トンネルなど。

   国交省は4日15時から現地調査を行い、17時から「トンネル天井板の落下事故に関する調査・検討委員会」を開く。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中