マカフィー氏、グアテマラ不法入国で逮捕される

印刷

   中米ベリーズで起きた殺人事件をめぐり、グアテマラ共和国警察が現地時間2012年12月5日、ジョン・マカフィー容疑者を不法入国罪で逮捕した。AP通信などが伝えた。

   それによると、マカフィー容疑者はグアテマラ市近郊にあるホテルで、インターポール捜査員の協力により逮捕された。グアテマラ政府はマカフィー容疑者の国外追放を検討している。なお、マカフィー容疑者に対する国際逮捕状は出ておらず、同容疑者がどこに送還されるかは現時点では不明のようだ。

   マカフィー氏はウィルス対策ソフト「マカフィー」の生みの親。移住先の中米ベリーズの地元警察に近隣住民の殺人容疑で11月12日に指名手配され、4時間おきに居場所を変えるなどの「逃走劇」を繰り広げて話題になった。12月3日にはメキシコの国境越えに失敗し身柄を拘束されたという報道も出ていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中