読売新聞のメールアドレス悪用、大量の不正メール

印刷

   読売新聞東京本社の社員のメールアドレスが悪用され、大量の不正メールが不特定多数の人に送られていたと、複数のメディアが2012年12月12日に報じた。

   送付されたメールの数は50万通に上り、海外のアダルトサイトのURLが張り付けられていたとの報道もある。既に対策は講じられた模様だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中