2018年 7月 21日 (土)

民主党惨敗 バラをつけるボードは、使用されることなく白いまま

印刷
インタビューに応じる細野豪志政調会長
インタビューに応じる細野豪志政調会長

   「まさか本当にこれほど差がつくとは」。第46回衆院選・民主党開票センターが設置された東京港区のホテルの会場がざわめいた。午後8時の投票の締め切り時間を迎え、会場に置かれたテレビは、「自民党が単独過半数」など各メディアが報じる出口調査の結果を次々に映し出した。

   ほどなくステージに上った大塚耕平政調会長代理がテレビ局のインタビューに応じ、こわばった表情で「大変厳しい結果だ」と述べた。次に姿をあらわした細野豪志政調会長も終始厳しい顔で、「私を含めた今の執行部の責任は免れない」などと答えていた。当選者の名前にバラをつけるボードは、使用されることなく白いままだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中