出版の武田ランダムハウスジャパンが倒産 アインシュタイン伝記の機械翻訳疑惑で話題

印刷

   出版社の武田ランダムハウスジャパンは、東京地裁から破産手続きの開始決定を2012年12月12日に受けた。

   東京商工リサーチが17日に公開したところによると、負債総額は9億2600万円で、債権者は207人だった。出版不況のため業績が落ち込み、再建の見込みが立たず今回の処置となった。

   米国の出版社ランダムハウスと講談社が2003年、対等出資の合弁会社、ランダムハウス講談社を設立。2008年12月期には年商約12億8000万円をあげたが、その後採算が低迷したため2010年に合弁を解消し武田ランダムハウスジャパンに社名変更した。

   2011年8月には物理学者アインシュタインの伝記を翻訳した本の中で、ネットの機械翻訳をそのまま掲載したような記述が多数見つかり、修正版を刊行する事態となって話題になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中