2018年 7月 22日 (日)

労働の男女格差、日本は世界最低レベル OECD報告

印刷

   先進34か国が加盟する経済協力開発機構(OECD)は2012年12月17日、「ジェンダー・フォーラム」の報告書を発表した。

   それによると、日本の男女間の給与格差は40歳以上では40%にのぼり、OECD加盟国中、韓国に次いでワースト2位だった。上場企業の役員の女性の割合はわずか5%で、加盟国中最低レベルだった。

   OECDは、日本の女性が労働市場で困難に直面する原因について、出産してから常勤として復帰することが難しく、日本の労働市場で女性が低賃金で非常勤の職に追いやられてしまうことが多い。さらに日本の税と福利厚生の制度が被扶養者である妻から仕事へのモチベーションを奪い、所得税免除の範囲内での収入にとどめようと思わせてしまう、と見ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中