韓国女優をCM起用したロート製薬に因縁 強要男に実刑判決

印刷

   大阪地裁は2012年12月18日、韓国人女優キム・テヒさんをCMに起用したロート製薬に対し、竹島に絡む同社の見解を無理強いしたとして、強要罪に問われた男(44)に懲役1年の実刑判決を言い渡した。求刑は懲役1年6か月。

   判決理由として石井俊和裁判官は「右翼団体や抗議デモが押し寄せることを示唆し、社員を脅迫したのは明らかな事実」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中