鳩山邦夫氏が自民に早期復党要望 安倍総裁は「検討する」

印刷

   衆院選で自民党の推薦を受け福岡6区から無所属で出馬し、12回目の当選を果たした鳩山邦夫氏が2012年12月20日、自民党本部で安倍晋三総裁と会い、早期の復党を要望した。安倍氏は「検討する」と応じた。鳩山氏は93年に自民党を離党し、00年に復党。野党転落後の10年に再び離党したが、11年12月になって復党願を提出。党内で検討が続いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中