「SNSでつながっている」20代夫婦は56% オリックス生命調査

印刷

   オリックス生命保険は2012年12月19日、「夫婦関係と家計に関する実態調査」の結果を発表した。

   夫婦間で1日1回以上コミュニケーションを取っている割合が最も高いのは「ピロートーク(寝室での会話)」で43.3%だったが、20代では64.4%、50台では26.4%と年代が上がるにつれて減っている。

   「夫婦でつながっているSNSがある」と答えたのは26.4%で、20代が56.0%と半数を超えた。このうち「LINE」と答えたのは15.2%(全体5.7%)、「Twitter」と答えたのは4.0%(全体1.8%)だった。

   電話を利用している夫婦は34.9%、メールは42.5%で、30~50代ではピロートークよりメールの割合が高かった。

   調査は12年11月2日から6日まで、全国20~59歳の既婚男女計1000人を対象に行われた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中