2018年 7月 23日 (月)

東京駅の「光のショー」、25日以降も急遽中止に

印刷

   東京駅の赤れんが駅舎をスクリーンに見立てた映像ショー「TOKYO HIKARI VISION(トウキョウ ヒカリ ビジョン)」は、2012年12月25日以降も中止となった。25日、東京ミチテラス2012 公式サイトが発表した。

   ショーは丸の内駅舎の復元完成を記念したもので、東京商工会議所が主体となり12月21日から28日まで8日間行われる予定だった。毎日午後6時から同8時に上映されていたが、21日に約8万人、22日には10万人もの人が訪れ、車道まで見物客がはみ出す状態となった。23日には観客が集まりすぎ危険と判断され、急遽中止されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中