松井秀喜、現役引退発表「命がけのプレー終わり迎えた」

印刷

   プロ野球の巨人や米大リーグのヤンキースなどで活躍した松井秀喜外野手(38)が、日本時間の2012年12月28日午前、ニューヨークで会見を開き、現役引退を発表した。

   引退の理由について「チャンスをもらいながら結果がふるわなかった。結果が出なくなったということで命懸けのプレーも終わりを迎えた」と語った。

   松井選手は今季4月30日にレイズとマイナー契約し、メジャー昇格するも34試合で打率1割4分7厘、2本塁打、7打点と不振で、8月1日に自由契約となっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中