「トモダチ作戦」参加の米兵、東電に損害賠償請求

印刷

   東日本大震災後に米軍が被災地支援で実施した「トモダチ作戦」に参加した米兵が、東京電力福島第1原発事故の情報について正確に伝えられなかったとして、2012年12月28日までに東京電力を相手取りおよそ189億円の損害賠償を求める訴訟を提起した。

   複数の報道によると訴えたのは、米空母ロナルド・レーガンの乗組員8人。東電が原発事故の危険性について正しく伝えなかったため、被ばくにより発がんの危険性が高まったと主張している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中