2020年 5月 26日 (火)

「金爆」、紅白下ネタは封印 記者の質問に答えたその理由

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   白組が、2年ぶりに優勝旗「奪還」を果たした。2012年12月31日行われたNHK紅白歌合戦は、31万8625票対35万1942票で白組の勝利となり、通算成績を34勝29敗とした。

   前半の見せ場となったのは、メンバーの樽美酒(だるびっしゅ)研二さんによる「公開露出」予告をめぐり、まさに紅白の台風の目となっていた「金爆」ことゴールデンボンバーだ。

観客席がズラリ白いお面

リハーサル時の「金爆」。下ネタ発言が波紋を広げていた
リハーサル時の「金爆」。下ネタ発言が波紋を広げていた

   舞台裏の待ち時間にはディズニーの着ぐるみと戯れるなど、余裕綽々(しゃくしゃく)といった様子のメンバーら。文字通り日本中(?)が固唾を飲んで見守るなか、舞台ではエアバンドならではの、曲途中で楽器を放り出して踊り出すなどのパフォーマンスを見せた。

   そして曲の終盤、客席にメンバーが降りると、そこにサプライズが。審査員を含めた客席のほとんどが、樽美酒さんの白塗りメイクに模したお面に変身していたのだ。これには「やらかす」ことを期待していたであろうマスコミの記者からも「うわー!」「すごいねー!」と歓声がもれた。

   出演を終えて報道陣の前に姿を見せた樽美酒さんは、「最高でした」とまさに「してやったり」の表情。下ネタ発言について聞かれると、

「事務所の社長が怖いんですよ。(そんなことしたら)殴られちゃうんで」

と煙に巻いた。樽美酒さんばかりが記者に囲まれる状況にメンバーの歌広場淳さんが「何この状況!うらやましすぎる」と口を尖らせる中、樽美酒さんは、

「最高の親孝行になりましたー!」

と上機嫌だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中