2018年 7月 19日 (木)

Android向け不正アプリ、1年で300倍以上に増加

印刷

   セキュリティーソフト「ウイルスバスター」で知られるトレンドマイクロは2013年1月10日、2012年のインターネット脅威年間レポートを公開した。

   それによると、10年8月に同社が初めてAndroid端末向けの不正アプリを確認し、11年12月には約1000個見つかったが、12年12月時点では35万個と1年で300倍以上に増加した。12年上半期まではゲームやアダルト、動画再生アプリなどに偽装するものが多かったが、下半期は電池を長持ちさせるアプリやセキュリティーソフトを偽装するなど、騙しの手口が広がったという。

   不正アプリはダウンロードすると、電話帳などの個人データが抜き取られたり、高額な架空請求が繰り返し表示されたりするものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中