国交省、JAL787燃料漏れで独自調査チーム

印刷

   国土交通省は2013年1月14日、日本航空が運航している最新鋭中型旅客機のボーイング787型機に相次いで燃料漏れのトラブルが起こったことを受け、同日から独自の調査チームを設置し、実機調査を始めたと発表した。JALの787をめぐっては、1月8日(日本時間9日)に米ボストン空港で燃料漏れを起こし、1月13日にも、同じ機体が成田空港で整備中に再び燃料約100リットルを流出させている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中