2019年 12月 8日 (日)

東浩紀「芥川賞は閉鎖的で腐った文学賞」 ブランド化の風潮を批判

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   批評家・小説家の東浩紀さん(41)が、芥川賞について「じつに閉鎖的で腐った文学賞」と評した。第148回芥川龍之介賞・直木三十五賞の発表があった2013年1月16日、こうツイートした。

「芥川賞がじつに閉鎖的で腐った文学賞だという、つい10年まではだれもが知っていた常識を忘れ去られ、ネット時代になってかえって(なにも実態は変わっていないのに)なにか偉いものなんだからすごいんだろうというブランド強化が始まっているあたりに、日本社会の限界を見るのは考え過ぎかしらね」

「ライトノベルが芥川賞取れないのとか、サッカー推薦で東大入れないんですか、と同じくらいナンセンス」

   受賞作家や作品を非難しているわけではなく、芥川賞自体や、同賞を「日本文学の最先端」ととらえて評価する最近の風潮を批判しているようだ。

   きっかけになったのは、候補作よりもよほど売れているライトノベルや人気の小説が、なぜ芥川賞や直木賞の候補にすらあがらないのか、と疑問を呈した「ダ・ヴィンチ電子ナビ」の記事だ。芥川賞は、「無名、あるいは新鋭作家」による優秀な作品に贈呈する賞だと紹介して、ウェブで人気のラノベ作家が候補にはいってもおかしくない、と書いていた。

   この記事に対し、東さんは「芥川賞の現実を知っているのだろうか」とコメントし、続けてこう斬り付けた。

「芥川賞は日本文学の最先端とかとはなんの関係もない。菊池寛の業績に集まった遺産相続者たちが、自分の目の届く新人に恩を売るための賞でしかない。だから文芸5誌からしか選ばれる。そんなの常識。ライトノベルが芥川賞取れないのとか、サッカー推薦で東大入れないんですか、と同じくらいナンセンス」(原文ママ)

   そして、「こういう『常識』もだれかが言葉で伝えてかなければならないんだろうな。。」と嘆いて見せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中