センター試験中、問題冊子を持ち出し 長崎の受験生、予備校に渡す

印刷

   大学入試センターで、問題冊子を持ち出し、試験時間中に予備校関係者に渡していた受験生がいたことが分かった。センターが2013年1月20日に発表した。

   それによると、長崎市内の女子受験生(19)が19日の地理歴史・公民の試験で、途中退室して会場の門近くにいた予備校関係者に渡した。受験生は失格となり、センターは監督不行き届きだったとして謝罪した。センターでは、警察に通報するとともに、経緯などを調べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中