ディカプリオ氏、俳優業「疲れた」 一時休止へ

印刷

   人気映画俳優のレオナルド・ディカプリオ氏(38)が、俳優業を一時休止する考えを明かした。2013年1月18日付けの独大衆紙ビルト(電子版)のインタビューに応じ、こう話した。

「少し疲れたんだ。長い、長い休憩をとる。ここ2年の間に3本の映画に出演した。そして、すっかり燃え尽きてしまった」

   その上で、「世界をもう少し良くしたい。環境に良いことをするために、世界中を飛び回るつもりだ」と環境問題に専念する考えを述べた。

   ディカプリオ氏は、以前から環境問題を題材にしたドキュメンタリー映画でナレーションを努めたり、自身が監修したエコサイトを開設したり、環境関連の活動に力を入れてきた。トヨタ・プリウスなどのハイブリッドカーを複数台所有している。インタビューでも、「うちの屋根はソーラーパネルで覆われている。プライベートの車は電気自動車。普通の人なら走行距離が1日50キロ以上になることもない」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中