アルジェリア人質事件 日本人7人死亡確認

印刷

   アルジェリアの天然ガス関連施設で起きた人質事件で、日本政府は2013年1月21日夜、行方不明になっている大手プラントメーカー「日揮」の日本人社員10人のうち、7人の死亡を確認した。

   事件があった南東部イナメナスの病院を訪れた城内実・外務政務官から「遺体と対面した結果、日揮の7人であるという報告を受けた」と安倍首相が明らかにした。政府は残る3人の安否確認を急ぐよう指示している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中