2018年 7月 23日 (月)

トヨタの「カムリ」が韓国のカー・オブ・ザ・イヤー受賞 「米韓FTA」が大きく影響していた

印刷

   韓国内で走る自動車といえば現代(ヒュンダイ)グループの車が圧倒的シェアを占めているわけだが、2013年の韓国カー・オブ・ザ・イヤー(今年の車)に選ばれたのはトヨタの「カムリ」だった。13年1月21日に表彰式があった。外国車が韓国のカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのも初めてだ。

   もちろん世界ナンバーワンの販売台数を誇るトヨタ車が韓国でも認められたことに何の不思議もないが、実は、韓国で販売したのは北米産の車で、米韓FTA(自由貿易協定)も大きく影響しているのだという。

韓国は日本製よりも北米製のほうがよく売れる

新型カムリ「ハイブリッド“Gパッケージ”」
新型カムリ「ハイブリッド“Gパッケージ”」

   韓国の自動車記者協会が選定するこの賞は、2011年から始まり今年が3回目。第1回は韓国の起亜自動車「K5」が、第2回は同じく現代自動車の「i40」が選出された。

   第3回となる今年は11年10月から12年10月まで発売された国産車と輸入車45車種(国産13、輸入32)が対象となり、協会所属の韓国内33媒体のうち32人の記者が審査した。評価項目は性能、価格、デザイン、安全性など6つあり、結果的に「カムリ」が総合78.75点でトップ、BMW 3シリーズが2位で77.74点、現代自動車の「サンタフェ」が75.74点で3位になった。

   外国車が初のトップという快挙を成し遂げたわけだが、実は、トヨタは11年から韓国での販売戦略を着々と進めていた。それまでは日本製の車を輸出していたのだが、11年11月から「シエナ」、12年1月から新型「カムリ」、12年11月から「ヴェンザ」と、北米産の車の輸出を増やしていった。トヨタ広報は、

「国産車が強い韓国に切り込むために韓国でのニーズを研究し、細部に渡って嗜好に則した変更を試みると共に、日本製よりも北米製がよりマッチしていることを発見した。また、北米から輸出販売すれば、米韓FTAによって割安で販売できるわけです」

と説明した。

米韓FTAで関税が半分になって「値下げ」販売できた

   米韓FTAは12年3月15日に発効し、乗用車はこれまで8%の関税が4%に軽減され、4年後にはこれがゼロになる。韓国市場のニーズを研究し乗用車を投入、FTAを使った結果、12年の韓国でのトヨタ車販売台数は1万5700台となり、前年比で74%増と大きく伸びた。12年1月に発売した新型「カムリ」は年間6000台を目標としていたが、目標を20%から30%上回る結果を残している。

   韓国トヨタの中林尚夫社長は今回の受賞についてメディアのインタビューに

「国の枠を越え、日本と韓国とアメリカのチームワークが生んだ結果だと思う」

と答えている。トヨタの韓国での快進撃はこれからも続きそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中