グーグルマップに北朝鮮の詳細地図登場

印刷
グーグルが公開を始めた平壌市内の地図。道路や地下鉄の駅の名前が書き込まれている
グーグルが公開を始めた平壌市内の地図。道路や地下鉄の駅の名前が書き込まれている

   米グーグル社は2013年1月29日(日本時間)、地図サービス「グーグルマップ」で北朝鮮の詳細地図の提供を始めたと発表した。グーグルマップの公式ブログによると、世界中の地図制作者有志が「マップメーカー」と呼ばれるサービスを利用して、数年間かけて道路や建物の名前を入力したという。

   現時点で確認できるのは、幹線道路や平壌周辺の建物や道路の名前など。これまでは、グーグルマップで北朝鮮の地図を表示しようとしても空白しか表示されなかったが、衛星写真を見ることはできた。

   グーグルのエリック・シュミット会長は13年1月に平壌を訪問し、インターネットの活用を北朝鮮当局に求めていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中