パワハラ「断固非難する」 国際柔道連盟が声明

印刷

   柔道女子日本代表チームでのパワハラについて、国際柔道連盟が2013年1月31日、「断固非難する」との声明を出したことが分かった。

   報道によると、連盟のビゼール会長は「嘉納治五郎師範が説いた精神と理念では決してない」 と批判し、必要な措置を講じることを明らかにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中