笹子トンネル天井板崩落事故 原因は固定ボルトの接着剤不足

印刷

   中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故をめぐり、朝日新聞は2013年2月1日付朝刊の1面で、「事故原因は天井板をコンクリート壁に固定するためのボルトの接着剤の量が不十分だったため」と報じた。

   記事は国土交通省の調査内容をスクープしたもので、接着剤はボルトをコンクリート壁に固定して強度を確保する目的で使用される。同省はずさんな工事が大規模崩落事故の主要因とみており、今後は手抜き工事の疑いも視野に施工業者などを調べる方針という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中