2018年 7月 22日 (日)

笹子トンネル天井板崩落事故 原因は固定ボルトの接着剤不足

印刷

   中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故をめぐり、朝日新聞は2013年2月1日付朝刊の1面で、「事故原因は天井板をコンクリート壁に固定するためのボルトの接着剤の量が不十分だったため」と報じた。

   記事は国土交通省の調査内容をスクープしたもので、接着剤はボルトをコンクリート壁に固定して強度を確保する目的で使用される。同省はずさんな工事が大規模崩落事故の主要因とみており、今後は手抜き工事の疑いも視野に施工業者などを調べる方針という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中