中国艦、海自艦船に射撃用レーダー照射 防衛相「1歩間違えば大変危険な状況」

印刷

   小野寺五典防衛相は2013年2月5日19時過ぎに緊急会見を開き、中国艦船が日本側の艦船に対して、ミサイル射撃の前提となるレーダーを照射していたと発表した。外務省は外交ルートを通じて中国側に抗議した。

   小野寺防衛相の発表によると、1月30日の午前10時頃、中国海軍の江衛(ジャンウェイ)2級フリゲート艦から、海上自衛隊の護衛艦「ゆうだち」に対してレーダーの照射があった。1月19日17時頃にも、江凱(ジャンカイ)1級フリゲート艦から海上自衛隊の護衛艦「おおなみ」搭載のヘリコプターに対して同様のレーダーが発射された。

   小野寺氏は

「このような火器管制レーダー、いわゆる射撃用のレーダーを発出するということは大変異常なことであり、1歩間違えば大変危険な状況に陥る」

と中国側を非難した。

   照射を受けた場所は「東シナ海」のみ述べたが、尖閣諸島周辺だとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中