2022年 1月 21日 (金)

米国のビル群が爆発、都市が大炎上 北朝鮮がユーチューブに「挑発」CG動画

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   3度目の核実験強行が確実視される北朝鮮当局が、宇宙旅行をテーマにしたCG動画をユーチューブに公開した。

   動画は、写真家が宇宙旅行をしながら地球を眺めるという内容で、人工衛星と称する事実上の弾道ミサイルの打ち上げを「平和目的」だとして正当化する狙いがあるとみられる。だが、動画の内容には米国の都市が焼き尽くされる様子も含まれており、これまでになく挑発的だ。

We Are The Worldのピアノ演奏が全編にわたって流れる

北朝鮮の「我が民族同士」がアップロードしたとされる動画。米国のビル群が炎に包まれている
北朝鮮の「我が民族同士」がアップロードしたとされる動画。米国のビル群が炎に包まれている

   動画は、北朝鮮の祖国平和統一委員会が運営するウェブサイト「我が民族同士」を名乗るアカウントが2013年2月2日にユーチューブにアップロードした。「『銀河(ウンハ)9号』に乗って」というタイトルで、長さは3分36秒。全編にわたって、1985年に米国で発売された「ウィー・アー・ザ・ワールド(We Are The World)」のピアノ演奏がBGMとして流れており、朝鮮中央テレビで流れるような勇ましいプロパガンダ映画とはほど遠い。

   だが、内容はかなり挑発的だ。北朝鮮の写真家とみられる男性が、キヤノン製の一眼レフカメラを手に、ロケット「銀河9号」で打ち上げられた有人宇宙船「光明星(クァンミョンソン)21号」に乗って宇宙旅行を楽しむ夢を見る、という内容だ。

   なお、12年12月に北朝鮮が打ち上げに成功したとされるロケットは「銀河3号」で、軌道に投入された物体は「光明星3号」だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中