2019年 7月 23日 (火)

「責任を追及します。狼少年は許さない」 猪瀬知事が気象庁「予想外れ」に憤慨

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京都の猪瀬直樹知事が、降雪予想を相次いで外してしまった気象庁にツイッターでかみついている。特に、大雪に備えて出動したことが「空振り」に終わったことを問題視しているようで、再び予想が外れた場合は「責任を追及します。狼少年は許さない」と、穏やかではない。

   気象庁の降雪予報をめぐっては、2013年1月14日には「積もる可能性は低い」とみていたにも関わらず大雪が降り、首都圏の交通機関には大きな影響が出た。この反省からか、2月6日については、東京23区で正午の時点で10センチの積雪があると予測していた。だが、実際には早朝に多少の雪は降ったものの、ほとんど積もることはなかった。交通機関への影響も、多少の遅れが出た程度だった。

「科学なのに責任に対する心理に支配され歪んでいる」???

話題を呼んでいる猪瀬知事のツイート。気象庁を「責任に対する心理に支配され歪んでいる」と非難している
話題を呼んでいる猪瀬知事のツイート。気象庁を「責任に対する心理に支配され歪んでいる」と非難している

   この状況に憤ったが猪瀬知事で、2月7日未明、

「天気予報は科学なのに責任に対する心理に支配され歪んでいる。成人の日に外れたので過剰に積雪量を2度も見積もった。多めに先読みすれば責任逃れができるとする姿勢がもし3度目にあったら責任を追及します。狼少年は許さない。気象庁の自己保身のためにどれだけの組織、人が迷惑を与えられたか」

と気象庁を非難した。気象庁は、国土交通省の中の一機関で、東京都が直接何らかの指示をすることはできない。過去の新聞記事で報じられている限りでは、東京都が気象庁に何らかの抗議を行った事例は確認できない。

   そのため、東京都がどのような手段で「責任を追及」するかは明らかではないが、この怒りの背景には、自らの試みが徒労に終わったこともありそうだ。

   猪瀬知事が2月5日深夜から6日朝にかけて、都民のツイートを続々とリツイート(RT、転送)。RTされたツイートは

「猪瀬知事!!江東区はポツポツです!!」
「杉並区北部は一旦雨が降りましたが今は何も降っておりません!」

といった都内の天候を知らせるもので、

「猪瀬さんがRTいっぱいしてるのを眺めていると下水道局の降雨レーダーの画像と一緒でその優秀さがよくわかる」

といった感想も出ていた。

   猪瀬知事も

「各エリアの天気の現況は、震災のときの情報収集に役立つので今回RTしてみました。実験になるかもしれないので。ただし僕個人はそろそろ休みます。今後都庁として個人発信の組織的な情報分析を考えたい」

と意欲を見せていただけに、失望も大きかったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中