米国務省が日本を支持 「レーダー照射は起きた」

印刷

   中国海軍の自衛艦レーダー照射について、米国務省は2013年2月11日の会見で、「実際に起きたものだ」として、日本の発表を全面支持した。

   国務省の報道官は、日本から根拠の説明を受けたといい、「中国政府への我々の懸念は、きわめて明確だ」と述べた。照射について、中国外務省は、「日本の言い分はまったくの捏造」と主張していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中