IOC、竹島領有主張の選手に警告処分 銅メダルは授与

印刷

   国際オリンピック委員会(IOC)は2013年2月12日、12年のロンドン五輪サッカー男子3位決定戦で日本と戦った後に、「独島は我が領土」と竹島(韓国名・独島)の領有権を主張する紙を掲げた韓国の朴鍾佑(パク・チョンウ)選手への警告処分を決めたと発表した。問題の紙は試合後にファンから渡されたもので、計画性がなかったことや、朴選手が「日本の方を傷つけたとしたら謝りたい」などと反省の弁を述べていることを考慮した。保留されていた銅メダルも、改めて引き渡される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中