2021年 6月 14日 (月)

「できるだけ多くの人を傷つけてやろうと思った」 グアム日本人死傷犯人は「通り魔」だった

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   米領グアムで、日本人を巻き込んだ通り魔事件が発生した。観光客でにぎわうショッピング街に男が車で突っ込むと、降りた後にナイフを振り回し、次々と通行人を刺したのだ。

   日本人観光客が7割を超えるというグアムでの、予期せぬ凶行。地元でもショックは大きい。

最初は車で、次にナイフで…

2~3月は多くの日本人観光客が訪れる
2~3月は多くの日本人観光客が訪れる

   J-CASTニュースがグアム警察に取材したところ、事件が起きたのは現地時間2013年2月12日の22時20分ごろで、場所は島の中心部タモン地区の繁華街。地元出身の21歳の男が車を暴走させて7人をはねたうえ、ショッピングセンターにあるスーパー「ABCストア」の壁に激突した。男は車を降りると、今度はナイフを手に周辺にいた人に襲いかかった。

   男は拘束されたが、2月13日午後までに14人が死傷、うち日本人観光客は10人に上る。このうち28歳と82歳の、いずれも日本人女性が亡くなった。男の身元の詳細や動機についてグアム警察にたずねたが、回答は得られなかった。

   地元メディアも今回の事件を大きく伝えている。地元紙「パシフィック・デイリーニュース」電子版2月13日付の記事によると、この日裁判所の冒頭手続きで治安判事による容疑者の審理が行われた。その際に出された法廷文書の内容を、記事中で一部公開。容疑者は警察に「最初は車で、次にナイフで、できるだけ多くの人を傷つけてやろうと思った」と話したと報じた。同紙サイトに掲載された関連映像や写真には、拘束されて地面に座らされている容疑者の姿や、現場にかけつけた消防車や救急車、付近で不安そうに見つめる人々など生々しい様子が映しだされている。

   事件現場周辺は大型ホテルや免税店、ショッピングセンターが集まるグアム観光の中心地だ。事件が起きた22時過ぎも営業中の店が多く、人通りは途絶えていなかった。グアム政府観光局東京オフィスに取材すると、担当者は「ちょうど夕食を終えて、帰る前に少し散歩をしたり買い物を楽しんだりしようかという時間帯。このあたりは、多くの人でにぎわっていたのではないでしょうか」と話す。大勢の人が巻き込まれて死傷するような通り魔事件は「初めてです」と、驚きを隠さない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中