2020年 7月 2日 (木)

NHKの平均年収1185万円 17年度めどに10%削減へ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本放送協会(NHK)は、職員の基本給と賞与を段階的に見直し、2017年度をめどに現行水準から10%削減する。

   また、従来の年功序列型から能力重視型に改めるほか、管理職の登用に試験制度を導入して人事評価の公平性を高める。さらに、地方に限定して勤務する地域職員制度を取り入れ、各地の物価水準などを考慮した給与体系を設ける。2013年2月12日に発表した。

仕事の成果でメリハリをつける

   NHKが、職員で構成する日本放送労働組合に対して提示した新たな給与制度の柱は3つ。管理職の基本年俸と一般職の基本賃金(基本給と賞与)をおおむね5年で10%削減すること、副部長級以上の管理職を登用するにあたり試験制度を新設すること、全国への転勤がなく地域限定の給与体系で雇用する「地域職員制度」の導入で、このほかに2013年度から手当の一部を廃止するなどで人件費を抑える。

   NHKは「やれるところから、やっていきたい」と話し、労働組合の合意を得られしだい、2013年度から実施していく考え。NHKによると、現行の給与体系は年功序列の色合いが濃く、職員の転勤を考慮して、地域を問わずに一律の処遇で支給していた。「給与体系の見直しや地域職員制度などの詳細はこれからですが、たとえば地域職では採用は一律に実施して、その際に全国への異動が可能な人と地域職とを分けることを考えています」と話している。

   定期昇給を抑えながら、仕事のやり方や成果を給与に反映させてメリハリをつけることで、職員のやる気を引き出す狙いだ。

   給与削減については、NHKの職員数は約1万人。現行の給与水準は、給与総額を職員数で割った平均年収で1185万円(2011年度決算時)。大卒35歳のモデルケースで年収733万円(12年度)となっている。

   これをおおむね10%削減することになるが、NHKは「一律にカットするわけではありません」と、具体的な内容については労使交渉によって決まってくると説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中