2018年 11月 20日 (火)

旧石丸電気本店が70年の歴史に幕 「電気街」秋葉原「一つの時代終わった」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京・秋葉原の家電量販店「エディオン秋葉原本店(旧石丸電気本店)」が、2013年3月20日をもって閉店することとなった。「石丸電気」時代から数えて、約70年の歴史に幕を閉じる。

   かつては「電気街」という名前の通り、家電や電機部品などを販売する店がひしめき合っていた。しかし近年はアニメ、ゲーム、アイドル、メイド喫茶などのイメージが定着しつつある。

「業績改善されず、長期的な営業続けるのは不可能」

エディオン秋葉原本店(13年2月13日撮影)
エディオン秋葉原本店(13年2月13日撮影)

   石丸電気は1945年3月に創業し、以来秋葉原の中心的な家電量販店として知られてきた。PCパーツや修理の受け付け、音楽ソフトの販売、買い取りなど細かく分野ごとに店舗が分かれており、最盛期には秋葉原だけで15店舗も展開していた。

   しかし秋葉原周辺の家電販売の競争の激化や、2005年にはヨドバシカメラの大型店舗がオープンしたこともあり業績が悪化、06年に家電量販店チェーン「エディオン」との業務提携が発表され、08年に完全子会社化された。09年11月に関東での店舗の名称が「イシマル(ishimaru)」に統一、さらに12年10月には全ての店舗の名称が「エディオン」に統一され、ついに「石丸」の名前が秋葉原から消えた。

   以後、石丸電気本店は「エディオン秋葉原本店」、石丸電気1号店は「エディオンAKIBA」として営業していたが、2店舗を「エディオンAKIBA」に統合、「秋葉原本店」はシャッターを下ろすことが決まった。

   エディオンの広報部によると、今回の閉店は「これまで店舗の改装や再編で経営の立て直しを図ってきたが業績が改善されず、秋葉原地区での家電販売の競争が激化し続ける中、長期的な営業を続けていくのは不可能だと判断したため」だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中