2018年 7月 19日 (木)

慰安婦像「くい設置」日本人を起訴 ソウル中央地検

印刷

   ソウルの日本大使館前に設置されている、いわゆる従軍慰安婦を象徴する少女の像に対して日本人男性が「竹島は日本固有の領土」と書かれたくいを設置した問題で、ソウル中央地検は2013年2月17日、元慰安婦らの名誉を毀損した罪で男性を起訴した。同日、聯合ニュースが伝えた。男性は韓国当局の出頭命令に応じておらず、事情聴取も行われていない。ただし、男性はくいを設置する様子をブログで公開しており、事実関係の立証は可能だと判断した模様だ。このまま欠席裁判で実刑判決が下った場合、韓国当局は日韓犯罪人引渡条約を根拠に男性の身柄引き渡しを要求する可能性もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中