エア・インディア、4月中旬にB787運航再開目指す

印刷

   インドの国営航空会社、エア・インディアのロヒト・ナンダン会長は2013年2月20日、世界中で運航停止が続いているボーイング787型機について、4月中旬までに運航を再開する考えを示した。現地メディアが伝えた。

   同社は現時点で6機の787を保有しており、それ以外に21機を発注済みだ。787が投入されていた路線は大型機のボーイング777型機でカバーしており、今後、ボーイング社に対して補償交渉を行う考えも示した。

   一方、米国で唯一787を導入しているユナイテッド航空は2月21日、3月31日に予定していた成田-デンバー線の開設を5月12日に延期することを発表。同路線以外は、6月5日まで787を運航スケジュールから外す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中