2018年 7月 21日 (土)

日本がBSE「清浄国」と評価される

印刷

   農林水産省は2013年2月21日、国際獣疫事務局(OIE)から、日本が「無視できるBSEリスク」の国(清浄国)の要件を満たしているという通知があったと発表した。

   OIEは加盟国の申請に応じて、飼料規制、BSE審査の実施状況などをOIEの規定に基づいて科学的に評価した上で、無視できるリスク、管理されたリスク、不明なリスクに分類するBSEステータス認定を行っている。日本は09年5月に「管理されたリスクの国」に認定されていたが、12年9月に改めて最上位の「無視できるBSEリスク」の国の認定申請を行っていた。これに認定されると、輸出先として有望な国というイメージが付くメリットがある。

   13年5月末に行われるOIE総会で日本のステータスが決定される見通し。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中