2018年 7月 18日 (水)

ひな人形倒すゲーム「配慮が欠けていた」 「笑っていいとも!」が謝罪

印刷

   「扇子を投げてひな人形を倒すゲーム」が行われ批判を受けていた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)が、2013年3月1日の放送で、「配慮が欠けていた」として謝罪した。

   批判していた人は謝罪を受けても怒りがおさまらないようだが、「過剰反応では」「こんなことでクレームを付けるなんて…」と番組に同情する意見もある。

生田アナ「皆様が大切にされているひな人形…申し訳ございません」

   番組終了直前、金曜日レギュラーの生田竜聖アナウンサーが、所々噛みながらこう謝罪した。

「今週のいいともCUPは週の前半にひな人形の的を使用しました。皆様が大切にされているひな人形を的にするという演出は配慮が欠けておりました。まことに申し訳ございません。お詫びいたします」

   このゲームには「ひな人形を倒す」という行為が皇室を侮辱しているなどとして批判が寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中