2019年 9月 23日 (月)

中国政府は嘘つきの「常習犯」 レーダー照射も毒ギョーザでも対日批判

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   中国艦による海上自衛隊護衛艦への射撃管制用レーダー照射事件では、いまだに中国当局はその事実を認めておらず、逆に日本側を批判すらしてみせている。日本側は証拠データを中国側に突きつけるか検討しているが、仮にそれを突きつけたとしても、中国側が非を認めるかは不透明だ。

   なぜならば、中国外務省には、日本側を批判した後に事件の原因が中国側にあることが明らかになっても、「ダンマリ」を決め込んだ「前科」があるからだ。

「憶測に基づく判断は事件捜査のためにならない」

   中国が「逆切れ」した事例で記憶に新しいのが、冷凍毒ギョーザ事件だ。

   07年12月から08年1月にかけて河北省の天洋食品=閉鎖=で製造され、日本に輸入された冷凍ギョーザを食べた人が相次いで下痢や嘔吐などの中毒症状を訴え、一時意識不明の重体になった女の子も出た。ギョーザからは有機リン系殺虫剤が検出されたが、混入した経緯の解明に時間がかかった。

   日本の警察庁は

「日本国内で混入した可能性は低い」

との見解を示す一方、中国の公安省は

「中国で混入した可能性は低い」

と、日中の主張は平行線をたどった。中国外務省も、最終的な分析結果が出ていないことを理由に、

「憶測に基づく判断は事件捜査のためにならない」
「枝葉末節や一面しか見ていない」

などと日本側を批判した。

   08年8月には中国外務省は国内で捜査が行われていることを認めたが、中国メディアは、ほぼこれを黙殺。日本メディアを引用する形で、

「日本が再び『毒ギョーザ』をあおっている」(環球時報)

と対日批判を強めていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中