2021年 7月 31日 (土)

就職人気「ベスト10」はすべて金融機関 このままでは日本経済の活力失われる?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   就職先として人気のある企業のベスト10を、大手保険会社やメガバンクが独占した。

   日本経済新聞社が2014年春卒業予定の全国の大学生を対象に調査した就職希望企業ランキングによると、第1位に日本生命保険、2位が東京海上日動火災保険、3位に第一生命保険と、保険会社が並んだ。それどころか10位まで、すべて金融機関なのだ。

目を覆いたくなる自動車、電機の凋落

就職人気ランキング「ベスト10」はすべて金融機関に!
就職人気ランキング「ベスト10」はすべて金融機関に!

   以下を見てみると、

4位 三菱東京UFJ銀行
5位 三井住友海上火災保険
6位 三菱UFJ信託銀行
7位 みずほファイナンシャルグループ
8位 三井住友銀行
9位 三井住友信託銀行
10位 明治安田生命保険

と続く。これには、さすがに違和感を覚えた人が少なからずいたようだ。

   元銀行マンで、経営コンサルタントの大関暁夫氏は、「ここ2~3年は長引く不況で安定志向の学生が多いと聞きますから、就活における金融機関の人気も高まっているのでしょう。それにしても、トップ10がすべて金融機関というのはおそらく史上初では。金融機関志望が悪いわけではありませんが、考えようによってはあまりに『夢』がなさすぎる気もします。学生の皆さんは金融機関に入って、いったい何を望んでいるのだろうか、などと思います」と話し、銀行などの「黒子」が目立つ社会では活力が失われると嘆く。

   一方、製造業の人気低迷は深刻だ。海外勢との競争激化や業績悪化に伴うリストラ報道が相次いだこともあってか、とくにトヨタ自動車やホンダ、ソニーやパナソニックといった人気上位の「常連」だった自動車や電機メーカーの凋落ぶりは目を覆いたくなるばかり。日経のランキングでは、トヨタが41位、ソニーが60位、パナソニック77位、ホンダは83位だった。

   「海外で活躍したい」という学生が目指した大手商社も、いまは三菱商事が20位、三井物産が29位に登場するのがやっと。ANAグループ(11位)や旅行会社のジェイティービー(19位)もベスト10圏外となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中