豪「世界最高の仕事」募集開始 今回は6人に950万円

印刷

   オーストラリア政府観光局は2013年3月5日、「ベスト・ジョブ・イン・ザ・ワールド(世界最高の仕事)」の募集を開始した。

   募集しているのは「メルボルンでライフスタイル・フォトグラファー(メルボルンの生活様式や最新トレンドなどを写真で紹介する)」、「ニュー・サウス・ウェールズ州シドニーでチーフ・ファンスター(パーティーや有名人主催のイベントなどに出席し、ソーシャルメディアでレビューを書く)」、「南オーストラリア州でワイルドライフ・ケアテーカー(野生動物を世話しながらカンガルー島の訪問者に島の情報を発信する)」、「西オーストラリア州でテイスト・マスター(評判のレストランを巡りながら地域のグルメ情報を発信する)」、「クイーンズランド州でパーク・レンジャー(公園のレンジャーとして自然保護を促進する)」、「ノーザン・テリトリーでアウトバック・アドベンチャラー(オーストラリア特有の先住民文化を体験する)」の6つで、それぞれ1人を採用する。6か月の雇用契約で、報酬は10万豪ドル(約950万円)。応募締め切りは13年4月10日で、6月21日に最終面接の結果を発表する。

   09年には、世界最大の珊瑚礁「グレート・バリア・リーフ」の中にある「ハミルトン島」の管理人を半年務めて15万豪ドルの報酬が得られるという「世界最高の仕事」が話題になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中