関西テレビ、「代役」問題を番組内で謝罪

印刷

   関西テレビ(大阪市)が2012年11月、大阪市の不祥事を報じた番組「スーパーニュースアンカー」の中で、内部告発者の「代役」として撮影スタッフの後ろ姿を放映した問題で、同局は3月13日、「不適切な映像表現」だったとして番組内で謝罪した。再発防止に努めるとする一方で、「捏造ややらせには当たらない」との見方も示した。取材に当たった記者は口頭で厳重注意を受けたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中