2021年 9月 17日 (金)

「小中高生40人と寝た」42歳男 実は「少女の方から体を許していた」衝撃事実

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   12歳の女子中学生とわいせつ行為をし、その様子を撮影したとして、大阪府警は2013年3月13日までに、強姦などの容疑で福岡・北九州市の無職、井上貴志容疑者(42)を逮捕した。

   容疑者は「40人くらいの小中高生と関係を持った」と供述している。行為に及ぶまでさぞ非道な手口を使っていたのだろう、と思いきや、何と「少女の方から体を許していた」ケースが多かったというのだ。

50人の少女の裸や性行為中の画像、映像を所持

   大阪府警サイバー犯罪対策室によると、井上容疑者は12年7月、大阪府内の中学1年生の少女と府内のホテルでわいせつ行為を行い、ビデオで撮影した疑いが持たれている。

   井上容疑者の自宅から押収したハードディスクなどの中には、約50人の少女の裸や容疑者との性行為中の画像、映像があった。この画像や映像を詳細に調べ、11~13歳の少女7人を含む小中高生10人の少女の身元を割り出したが、他の被害少女の身元はまだ確認できていないという。容疑者と少女の間に金銭のやり取りはなかったとのことだ。

   お金の受け渡しなく、多くの少女とわいせつ行為に及ぶ―容疑者は脅しや力づくでホテルに連れ込むなど、卑劣な手口を使っていたのだろうか。さらにサイバー犯罪対策室に話を聞いていくと、衝撃の事実が明らかになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中