「ヒッグス粒子」ほぼ確実 欧州の研究機関発表

印刷

   スイスにある欧州合同原子核研究機関(CERN)は2013年3月14日、2012年に発見した新粒子を解析した結果、「ヒッグス粒子であることを強く示している」と発表、発見はほぼ確実となった。

   ヒッグス粒子とは万物に質量を与えるとされる粒子。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中