2019年 8月 25日 (日)

「ゆるふわツイート」がメチャ熱い!「上司の英断に感謝」 休止の「警視庁ツイッター」早くも再開

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「一時休止していた本職のつぶやきを再開いたします」―――「警視庁犯罪抑止対策本部」というものものしい名称にそぐわない「ゆるふわ」なツイートが人気の、公式ツイッターアカウントが再開した。

   「休止宣言」からわずか4日。新たに明かされた、再開までの経緯が感動的だとインターネット上で話題を呼んでいる。

「たった3日で我慢できなくなるとは、どれだけツイ廃なのでしょうか…」

「ゆるふわ」で熱い警視庁犯罪抑止対策本部のツイッターアカウントが再開
「ゆるふわ」で熱い警視庁犯罪抑止対策本部のツイッターアカウントが再開

   犯罪抑止対策本部の公式ツイッターアカウントは2011年11月に開始。

「(本日のお茶請けは、くるみゆべしでした。くるみも栗や干し芋に並ぶ好物です。お茶は、レモン&はちみつのフレーバーティです…)」

   犯罪情報などにあわせて、こんな「本職」こと担当者の日常がかいまみえる、微笑ましいツイートが人気を博し、フォロワーは2万人近くまで増加していた。

   13年3月4日、「警察広報のスタイルを破る新たな実験でしたが、本職ひとりでは力不足でした」「制約された条件の下で継続する可能性もありましたが、ツイッターを利用するメリットをすべて減殺するような条件の下では、継続する意味を見いだすことができませんでした」と何かしらの圧力があったことを臭わせ、惜しまれながら終了を宣言した。

   あまりの唐突さに、担当者は首になったのか?などと心配する声もネットの一部では出ていた。

   ところが4日後の8日、「本日、一時休止していた本職のつぶやきを再開いたします。啓蟄を過ぎてしまいましたが、短い冬眠から覚めました。皆様からのご声援並びにご支持が再開の原動力でした。また、再開に当たり、上司の強力なサポートをいただくことができ、警視庁の懐の深さを改めて認識いたしました」「たった3日で我慢できなくなるとは、どれだけツイ廃なのでしょうか…」とツイートを再開。今後は「本職乙」と「本職甲」の2人体制で運用していくことも公表された。

   フォロワーからは、「素晴らしい!おめでとうございます。これからも楽しみにしております」などと歓迎が相次いだが、一部には喜びつつも早すぎるのではといぶかしむ声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中