2020年 1月 21日 (火)

西武に秩父線廃止・球団売却を提案か ファンド側は否定、真意は?地元に戸惑いの声

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   西武グループに対し、秩父線などの廃止やライオンズ球団の売却を求める提案が筆頭株主の米投資ファンドから出されたと報じられた。ファンド側は、具体的な提案を否定しているが、地元からは戸惑いの声が出ている。

   埼玉県内を走る西武秩父線は、2013年3月16日の東急・渋谷駅の相互乗り入れを受け、横浜方面と直通運転になった。

西武は、米投資ファンド提案に難色示す?

   そのことをアピールする西武鉄道初のテレビCMも流され、秩父などでの観光客増加が期待されている。

   秩父線の廃止提案が報じられたのは、そんな話題が冷めやらないうちのことだ。

   報道によると、米投資ファンド「サーベラス」は、西武ホールディングスに対し、同様に不採算路線とされる西武多摩川線・山口線も廃止を求めている。さらに、埼玉に本拠のある西武ライオンズの売却まで求めていると一部で報じられた。こうした提案は、西武ホールディングスが再上場する前にサーベラスが求めたリストラ策だというのだ。

   これに対し、秩父線沿線などの地元からは、生活の足を失うといった戸惑いの声が相次いでいる模様だ。ネット上では、企業が採算無視を続けることはできないと理解する向きはあるものの、鉄道は大事なインフラであり、球団にも大勢のファンがいるとして、提案を疑問視する声も多い。

   サーベラス側は11日、最大4%の株を買い増す株式公開買い付け(TOB)をすると発表している。株式の3分の1を超え、議決権をも持てる出資割合だ。これに対し、西武側は19日、公共性が高いとして秩父線廃止などに難色を示し、TOBに反対する方針を明らかにしたと報じられた。

   短期的に株価を上げ、売り抜けて利益を得る手法は、よくハゲタカファンドと呼ばれる。サーベラス側にそんな意図があるのかは不明だが、なぜインフラなどにまで踏み込んだ提案をしたのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中