2021年 4月 22日 (木)

K-POP、日本進出に大ブレーキ 円安ウォン高で稼げない!

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   一時はブームと報じられたK-POPも、日本進出にブレーキがかかっているようだ。このところの円安ウォン高も多少影響しているらしい。

   K-POPは、日韓の間で2012年8月に竹島問題が起きた前後から、陰りが見え始めた。朝日新聞も、K-POPグループの日本デビューが、前年の15組から8組に半減したと報じている。

日韓関係の冷え込みもまだ響いている

稼げなくなった?(2011年2月撮影)
稼げなくなった?(2011年2月撮影)

   そして、年末のNHK紅白歌合戦は出場ゼロとなり、13年に入ると、日本デビューのニュースはほとんど聞かれなくなった。

   確かに、東方神起、少女時代、KARAといった人気グループは、日本でも精力的に活動している。

   東方神起は、ニューアルバムが3月18日付オリコン週間ランキングで1位となり、4月27日からは、70万人の動員計画もある5大ドームツアーがスタートする。少女時代は、2月9日から4月21日までのアリーナツアーで韓国女性グループ最多の20万人を動員する予定で、KARAも、1月6日には韓国女性グループ初の東京ドーム単独ライブを実現させた。

   しかし、K-POPとしては、デビューが相次いだときのような盛り上がりに欠けているのだ。

   その理由として、日本でK-POPを支援している韓国関係者は、アベノミクス効果の円安ウォン高で、K-POPが日本で稼げなくなっていることを取材に認めた。

   つまり、よほどの人気がないと、コストがかかり過ぎて、採算が立たないのだ。この関係者は、「番組出演などはドルベースでやっていますので、円安ウォン高の影響を直接的に受けてしまいますね」と明かす。

   さらに、日韓関係の冷え込みもまだ響いているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中