米ニュージャージー州下院「慰安婦は日本に責任」と決議

印刷

   米ニュージャージー州下院は現地時間2013年3月26日までに、「従軍慰安婦問題」について日本政府を非難する決議を採択した。複数のメディアが報じた。

   決議では日本政府に対して「歴史的責任」を受け入れ、慰安婦問題について「将来の世代を教育する」ことを求めている。

   米国では1月下旬にニューヨーク州でも、この問題の非難決議が採択されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中