2018年 7月 19日 (木)

個人向け人民元預金の取り扱い、地銀にも広がる

印刷

   中国・人民元建ての個人向け外貨預金の取り扱いが地方銀行にも広がっている。円安傾向で外貨預金への関心が高まるなか、「定番」の米ドルやユーロ、豪ドルなどに加え、品ぞろえを充実して選択肢を広げる。

   地銀では2012年6月に初めて、長野県の八十二銀行が個人向け人民元預金の取り扱いを開始。秋には百十四銀行(香川県)や池田泉州銀行(大阪府)、山口銀行が追随していた。2013年1月には池田泉州銀行がインターネットでの取り扱いを可能にしたほか、2月には伊予銀行(愛媛県)や横浜銀行(神奈川県)が、また3月には足利銀行(栃木県)が取り扱いを開始した。

   「顧客の多様な外貨運用ニーズに応える」狙いがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中