2020年 7月 11日 (土)

「旭日旗に似たロゴ」韓国人の抗議で変更 2ちゃんで英国企業に再考訴える運動起きる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   英国・北アイルランドの業者による寿司弁当が旭日旗に似たロゴを使っていると、韓国人留学生が抗議し、業者にロゴを変更させていたことが分かった。2ちゃんねるなどでは、それはおかしいと業者に再考を求める運動が起きている。

   韓国メディアなどによると、この留学生は、北アイルランドのクイーンズ大学ベルファストに交換留学中の韓国人女子学生(23)だ。

「ナチスドイツの旗ハーケンクロイツと同じ」

ホームページにはまだ残っているが…
ホームページにはまだ残っているが…

   学生はあるとき、街中のコンビニで、旭日旗に似たロゴを包装パッケージにあしらった寿司弁当が積まれているのに気づき、不快に思った。それは、「ライジングサン」という業者のロゴだった。

   その後、大学の学生会館にある売店が業者と契約し、寿司弁当を納入し始めたのを知り、激しい怒りを覚えた。歴史を専攻する学生として、いてもたってもいられなくなり、ネット検索で業者のフェイスブックページにアクセスした。そして、学生は、そこからメールで、業者に次のように訴えた。

「あなたの会社のロゴは、日本が第2次大戦のときに使った軍旗で、ナチスドイツの旗ハーケンクロイツと同じように戦争犯罪を象徴しています。 添付した資料をお読みになってロゴなどを変えることを考えて下さい」

   学生は、返事にあまり期待しておらず、数日後にライジングサンの社長からメールが来て驚いたという。そこでは、こう書かれていたとした。

「私たちのロゴに宿った文化的背景を知るようになって、本当に驚きました。 添付資料を読みながら、私たちのロゴが人々にどんな気持ちを与えるのか考えると、とてもゾッとしました。 私が無知であったことを、本当に申し訳ないと思っています」

   社長は続けて、できるだけ早くロゴを変えると学生に約束した。これに対し、学生は「今後もこのような考え方が広がったらよいと思う」と喜びを明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中