2020年 12月 5日 (土)

低視聴率フジが「初音ミク」にすり寄る 地上波初「ボーカロイド歌謡祭」にネット反発

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは
「なんだこの胸のざわめきは…」「嫌な予感しかしない。 フジだから!」

   人気ボーカロイド「初音ミク」を中心に取りあげるという、フジテレビの番組「ボーカロイド歌謡祭」に、ネットで怒りの声が上がっている。

   視聴率の低迷にあえぐフジが、活路を見出そうとネットにすがっているというのだ。

「ボーカロイドの世界とテレビとの化学反応を起こしてみたい」

   フジテレビ、ドワンゴとニワンゴは、ネットとテレビの更なる連携強化のため、初のコラボレーション番組「ボーカロイド歌謡祭2013(春)~初音ミクから生まれた新たな音楽の世界~」を制作した。フジテレビで4月6日26時10分から放送する。

   地上波放送では初めてのボーカロイドに特化した1時間の音楽番組で、現在のボーカロイド音楽シーンをフジテレビ独自の視線で切り取ったという。

   内容は「初音ミク」を中心としたボーカロイドカルチャーの紹介のほか、ボーカロイドのオリジナルライブを取り扱う予定だ。MCはニッポン放送アナウンサー吉田尚記さん。ネットではよっぴーの愛称で呼ばれ、ボーカロイドに詳しいことで知られる。アシスタントには、フジテレビが制作したデジタルアナウンサー杏梨ルネが出演する。

   番組制作にあたってフジテレビジョン編成部部長・立松嗣章氏は「ネットから発生した大きなムーブメントである、ボーカロイドの世界を改めて知ることで、テレビとの化学反応を起こしてみたいということが今回の企画のきっかけでした」などとコメント。また、ドワンゴ執行役員CCOプロデューサー兼ドワンゴコンテンツ代表取締役会長・横澤大輔氏は、「これからのリアルとデジタルとのコンテンツの可能性をこの番組をきっかけに発信していければと思っております」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中