GWの旅行者が過去最高、中国は18%減

印刷

   JTBは、2013年4月25日から5月5日のゴールデンウィーク旅行動向調査を13年4月4日に発表した。それによれば、1泊以上の旅行に出かける人は前年同期比0.8%増の2279万6000人で、1969年の調査以来最高になるという。

   国内旅行は同1%増の2223万人で東京スカイツリーや、東京ディズニーリゾートなどに訪れる人が多い。海外旅行はハワイやシンガポールに訪れる人が増えたが、全体では同5%減の56万6000人で、中国旅行者は同18.8%減、韓国旅行者は8.1%減となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中